日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月2日 143.843 -0.002

[PR]

東京証券取引所のシステム障害による全銘柄の売買停止に伴い、算出ができない株価指数や個別銘柄の株価などは「-」で表示しています。

商品ニュース

米暴風雨、穀物生産を直撃 トウモロコシ1カ月ぶり高値

2020/8/15 1:49 (2020/8/15 2:16更新)
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ=野毛洋子】8月中旬に米中西部を襲った暴風雨の影響がトウモロコシなどの農作物に広がっている。アイオワ州では風速100キロメートルを超える突風に作物がなぎ倒されるなど大規模な被害が出ている。国際指標のシカゴ市場でトウモロコシは約1カ月ぶりの高値をつけた。

猛烈な突風が米中西部の広範な地域を襲った(11日、インディアナ州)=AP

トウモロコシなど多くの農作物が影響を受けた(11日、アイオワ州)=AP

10~11日に起きた今回の暴風雨は竜巻を伴うハリケーンに似た現象で、米国では「デレチョ」とも呼ばれる。米気象局(NWS)によるとサウスダコタからアイオワ、イリノイなどを通りオハイオ州まで約1200キロメートルもの距離を14時間で移動した。

アイオワ州では風速160キロメートル近い突風により穀物貯蔵庫が倒壊するなど、約4割の大豆とトウモロコシ農地で作物に被害が出た。

15日シカゴ時間午前のトウモロコシ価格は1ブッシェル=3ドル38セントと7月中旬以来の高値をつけている。米穀物アナリストによると、被害の全容は来週の民間調査によって明らかになる見通しという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム