/

英政府、ワクチン3億4千万回分確保 EUも4億回分

【ロンドン=佐竹実】英政府は14日、新型コロナウイルスのワクチンを2社から9千万回分確保したと発表した。これで確保済みのワクチンは6社から計3億4千万回分となった。4万人超と欧州最多の死者を出した英国は、感染対策としてワクチン確保を急ぐ。臨床試験(治験)も支援し、早期接種につなげる。

米ノババックスの新型コロナワクチンは治験が進んでいる(同社提供)

新たに確保したのは米バイオ製薬のノババックスが開発するワクチン6千万回分と、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)傘下のヤンセンファーマの3千万回分。両社の国内外での治験を支援する。これらのうちノババックスのワクチンは富士フイルムの英施設で生産する。

英政府は従来、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大が開発するワクチンなど2億5千万回分確保していた。どのワクチンが有効か不明で、なるべく多くの種類を確保する姿勢だ。

ワクチンを巡っては米国が15億回分、中国は5億回分確保したとされる。先進国や資金力のある国に偏る傾向がある。

欧州連合(EU)も加盟国にワクチンがまんべんなく行き渡るよう、確保を急ぐ。14日には英アストラゼネカから最大4億回分を購入することで合意したと発表。J&Jから最大4億回分、英グラクソ・スミスクライン(GSK)と仏サノフィから3億回分を購入する方向でも調整している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン