プロ野球

広島・森下が無四球12奪三振 ルーキー完封一番乗り

2020/8/14 23:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プロとして世を渡るには、お得意先をつくるのが手っ取り早い。ルーキーイヤーを快調に走り出した広島のドラフト1位・森下(明大出身)は、もう上客を見つけたようだ。この日許したのは2安打のみ、四球も与えずプロ初完封。4勝のうち3勝を阪神から稼いでいる。

スピンの効いた150キロ前後の直球を投げる右の本格派。前回登板(7日の阪神戦)で4四球を与えた反省から、「今回はストライク先行を意識した」と、自信を抱く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

サンフレッチェ広島は観客の上限を当面7000人に抑える(7月、エディオンスタジアム)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため続けてきたイベントの開催制限を政府や自治体などが19日に緩和することを受け、広島市のプロスポーツなどは相次ぎ観客数の上限を引き上げる。
 プロ野球の広島東洋カープ …続き (19:46)

 日本野球機構(NPB)は18日、政府のイベント開催制限緩和に伴う19日からの観客数拡大を前に、新型コロナウイルス感染予防ガイドラインを改訂した。入場制限の対象に「発熱症状」を加え、従来の基準の37. …続き (18:25)

九回途中まで1失点に抑え、5勝目を挙げたロッテ・岩下=共同

 八回までは西武打線に付けいる隙を与えなかった。ロッテの岩下は150キロ前後の威力のあるボールに切れ味鋭い変化球で次々に打者を打ち取っていった。投げるのはほぼ直球とフォークボールの2種類だけ。だが球種 …続き (17日 23:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]