フォートナイト開発元、独占に反旗 「Apple税」法廷へ
30%手数料に不満

2020/8/15 2:00 (2020/8/15 4:38更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米エピックゲームズの人気ゲーム「フォートナイト」の看板=ロイター

米エピックゲームズの人気ゲーム「フォートナイト」の看板=ロイター

【シリコンバレー=奥平和行】人気ゲーム「フォートナイト」の開発元、米エピックゲームズが13日、スマートフォンのアプリ配信・課金システムが独占に当たるとして米アップルと米グーグルを提訴した。米IT(情報技術)大手の反競争的な行為への警戒感が高まるなか、アプリ開発企業が「アップル税」などと呼び問題にしてきた制度が法廷に持ち込まれる。

「アップルはかつて自らが攻撃した市場を牛耳り競争を阻害する巨獣になっている」――。米カリフォルニア州北部地区連邦地裁で訴えを起こしたエピックは13日、訴状で糾弾した。アプリ開発企業に配信サービスやアプリ内課金システムの利用を強制することなどが独占に当たるとして是正を求め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]