/

神田外語大と東京女子学園高 データサイエンス教育で連携協定

神田外語大学(千葉市)と東京女子学園高校(東京・港)は、データサイエンス分野などの教育支援における高大連携に関する協定を結んだ。同大が2021年度に新設するグローバル・リベラルアーツ学部で取り入れる理系科目を中心に、教員の相互派遣などで協力する。

新学部では数学や統計など、データサイエンスに関わる理系分野の講義が加わる。同高もそうした分野に力を入れていて、教員の相互派遣やオンラインワークショップの共催を通じて、幅広く学べるようにする。同大が強みとする英語教育の分野でも、対話を重視するアクティブラーニングを同大の教員が行うなどして支援していく。

学校法人東京女子学園の高津稲穂理事長は「お互いの得意分野を生かしつつ、中等教育と高等教育間でシームレスに教育実践をしようと意気投合した」とコメント。同大を運営する学校法人佐野学園(東京・千代田)の佐野元泰理事長は「中高生のうちから様々な分野の知識を身に付けることは今後の学びに大きく影響する」と期待を込めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン