/

この記事は会員限定です

百度、動画の「虎の子」で葛藤 テンセントが出資打診

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国検索最大手の百度(バイドゥ)が傘下の動画配信会社「愛奇芸(iQIYI)」の経営問題に揺れている。赤字続きながら新たな成長エンジンと期待するが、米証券取引委員会(SEC)の調査が入ったことが発覚。騰訊控股(テンセント)による出資打診も受けており、百度は難しい判断を迫られている。

百度が13日(米国時間)に発表した2020年4~6月期決算は純利益は35億元(約540億円)と前年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン