/

マハトマ・ガンジーの「眼鏡」競売へ 英

【ロンドン=共同】「インド独立の父」マハトマ・ガンジーが所有していたとみられる丸眼鏡を、英南西部の競売会社が21日、オンラインで出品する。英メディアが伝えた。

英競売会社が出品するガンジーが所有していたとみられる丸眼鏡(イースト・ブリストル・オークションズ社提供)=AP

競売会社によると、出品者の親族はかつて英石油大手に勤め、南アフリカに駐在。南アを訪れたガンジーから1920~30年ごろに譲り受けた。同社は「何らかの善行への感謝の印として、ガンジーから贈られたものと推定される」と指摘している。

競売人は英メディアに対し「ガンジー本人が自身の物だと言わない限り確証はない」としつつも、入手時期に加え、左右のレンズを支えるブリッジ部分がガンジーの眼鏡の形と一致していると主張。出品者の男性が高齢で、相続人がいないとも明かした。男性は眼鏡の価値を知らないまま、郵便で出品を依頼してきたという。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン