大阪府、14日の新規感染者192人 5人死亡

2020/8/14 18:04 (2020/8/14 21:08更新)
保存
共有
印刷
その他

大阪府は14日、新型コロナウイルスの新たな感染者を192人確認したと発表した。11日間連続で100人超となった。新たに50~90代の男女5人の死亡が確認され、府内の死者は累計で106人となった。

14日の感染者192人のうち、感染経路が分からないのは94人で、48%を占めた。30代以下は約4割にあたる83人確認された一方、70代以上も39人確認された。

新たに同府泉大津市の高齢者施設で利用者6人の感染が判明し、府はクラスター(感染者集団)が発生したとみて調査を進めている。PCR検査などを2482件(陰性確認分は除く)実施し、陽性率は7.7%。府内の累計感染者は6547人となった。

感染状況を判断する府の独自基準「大阪モデル」は7月12日から黄色信号が点灯。重症病床の使用率が70%を超えると非常事態を意味する「赤信号」に切り替わる。14日は新たに11人が重症で入院し、同使用率は34%となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]