戦争遺跡、進まぬ保存 文化財指定へ調査7県のみ

2020/8/14 17:10
保存
共有
印刷
その他

戦時中の状況を今に伝え、「無言の語り部」ともいわれる戦争遺跡の保存が進んでいない。日本経済新聞の調査では、文化財として保存するため戦跡を調査したのは47都道府県中7県にとどまる。歴史的な評価の難しさなどから自治体が対応を決めかねているうちに、老朽化による取り壊しも相次ぐ。専門家は柔軟な保存を呼び掛けている。

戦時中に旧日本軍が使用した施設や戦災跡などの戦跡を巡っては、文化庁が1996~98年度、…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]