/

この記事は会員限定です

「食べチョク」取扱量が急増 資金調達で物流効率化へ

[有料会員限定]

産地直送サイト「食べチョク」を営むビビッドガーデン(東京・港)が取扱量を急増させている。新型コロナウイルスの感染拡大による混乱で販路に困った生産者を支援する取り組みが成果をあげた。投資家から6億円の資金も調達、配送コストがかさみがちな産直の仕組みを効率化し、生産者がより利用しやすいサービスを目指す。

食べチョクはサービスの開始が2017年。生産者は野菜や肉、魚介類などを出品し、食べチョク側に一定の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン