/

この記事は会員限定です

手放し自動運転車 拡大 スバルやトヨタ、渋滞など楽に

[有料会員限定]

ハンドルから手を離して運転できる「ハンズオフ」機能を高速道路限定で持つ乗用車が国内で広がってきた。SUBARU(スバル)は今秋発売の主力ステーションワゴン「レヴォーグ」の新型モデルを皮切りにこの機能を順次導入。トヨタ自動車も「レクサス」ブランド車に載せる。自動運転技術の実用化が進み、将来に向けた開発競争も激しくなってきている。

スバルがこの機能を採用するレヴォーグは高速道路の渋滞時にハンドルから手を離した状態でも自動で前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン