手放し自動運転車 拡大 スバルやトヨタ、渋滞など楽に

2020/8/14 17:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ハンドルから手を離して運転できる「ハンズオフ」機能を高速道路限定で持つ乗用車が国内で広がってきた。SUBARU(スバル)は今秋発売の主力ステーションワゴン「レヴォーグ」の新型モデルを皮切りにこの機能を順次導入。トヨタ自動車も「レクサス」ブランド車に載せる。自動運転技術の実用化が進み、将来に向けた開発競争も激しくなってきている。

スバルがこの機能を採用するレヴォーグは高速道路の渋滞時にハンドルから…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]