/

この記事は会員限定です

ベートーベンはロックスター 生誕250年で斬新な編曲

[有料会員限定]

今年は楽聖ベートーベンの生誕250年。現代の音楽家が斬新なアレンジを加えたり、入門者向けに工夫したりした作品が相次いでいる。クラシックに縁のない若い世代の関心も呼ぶ。

「ベートーベンはいわば最先端のロックスターだった。彼の音楽は現代でも古びない」。そう強調するのは、若手指揮者の水野蒼生(あおい)だ。

帝王カラヤンらを輩出したオーストリアの国立ザルツブルク・モーツァルテウム大学を卒業し、長い金髪の風...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン