/

この記事は会員限定です

阿寒湖温泉、森と湖の魅力発見

湯の心旅

[有料会員限定]

悠久の歴史が育んだ自然と、その地で脈々と受け継がれたアイヌ民族の文化。日本一のアイヌコタン(集落)が残る北海道・阿寒(あかん)湖温泉で自然体験ツアーに出かけた。

ボコッボコッとネズミ色の鉱泥(こうでい)が輪になって噴き出す。カルデラ湖である阿寒湖畔には「ボッケ」という100度を超える泥火山がある。アイヌ語で「煮え立つ」という意味。湖岸からは夏だというのに湯煙が上がっている。

15万~2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン