10/26 0:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,211,235億円
  • 東証2部 68,226億円
  • ジャスダック 98,437億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.75倍24.83倍
株式益回り5.06%4.02%
配当利回り1.95% 1.73%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,516.59 +42.32
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 -10

[PR]

国内株概況

ソニー、19年ぶり高値 好調ゲームに機関投資家の買い
銘柄診断

2020/8/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

14日の東京株式市場でソニー株が続伸した。一時前日比210円(2%)高の8910円まで上昇し、2001年6月以来、約19年ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルス禍でゲーム販売が好調で、機関投資家の買いが集まっている。米アニメ配信会社の買収報道も材料視された。

終値は176円(2%)高の8876円。売買代金はこの日の東証1部で2位だった。株高の背景にはゲームの好調がある。巣ごもりで主力ゲーム機「プレイステーション(PS)4」向けソフトが伸び、4~6月期のゲーム事業の営業利益は前年同期比で68%増えた。年末に販売を予定する「PS5」にも追い風との見方が多い。

アニメ関連の買収観測もプラス材料だ。12日に海外メディアが、ソニーが米通信大手AT&T傘下のアニメ配信会社「クランチロール」の買収で協議していると報じた。買収額は最大15億ドル(約1600億円)という。市場では「米国の若年層には日本アニメ好きが多く事業機会は大きい」(エース経済研究所の安田秀樹氏)との声があった。

予想PER(株価収益率)は21倍台と海外IT大手のマイクロソフト(32倍台)に比べ割安だ。藍沢証券の三井郁男ファンドマネージャーは「ゲームと並び利益額の大きい画像センサーが底堅ければ上値余地はある」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム