/

坂川栄治氏が死去 装丁家

坂川 栄治氏(さかがわ・えいじ=装丁家)8月2日、心筋梗塞のため死去、68歳。告別式は近親者で行った。後日、お別れの会を開く予定。

吉本ばななさんの小説「TUGUMI(つぐみ)」などの書籍の装丁のほか、雑誌や広告のアートディレクションを多数手掛けた。「遠別少年」「本の顔」など著書多数。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません