/

この記事は会員限定です

首都圏で屋外レジャー続々 カヤックや屋上展望台など

[有料会員限定]

首都圏のレジャー施設などで屋外で楽しめるプログラムが相次ぎ登場している。新型コロナウイルスで密閉・密集を避ける動きが広がるなか、自然に触れるアクティビティーが多い。遠出の外出を控える家族連れやカップルらに人気となっている。

京浜急行電鉄グループは1日から、神奈川県三浦市の胴網海岸で船底から海が透けて見える「スケルトン・カヤック」の体験コースを始めた。1人1500円(30分)で、多くの問い合わせがあるという。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン