/

この記事は会員限定です

エアバッグを自動縫製 松屋R&D、防護服に技術活用

支える会社(上)

[有料会員限定]

人口減少時代を迎えて生産性向上が欠かせない日本。業務の効率化を支える製品・サービスを提供し、存在感を増す企業が北陸にある。新型コロナウイルスの感染が広がるなかでも、独自の技術やノウハウで業績を伸ばしている。普段は目立たないBtoB(企業間取引)分野で成長する北陸企業の現状とビジネスモデルを描く。

布地を投入すれば自動で裁断から縫製、包装まで一貫してこなすシステムをつくる企業が福井県大野市にある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン