/

この記事は会員限定です

計算速度、楽々「富岳」超え 分散型が活躍

科学記者の目 編集委員 吉川和輝

[有料会員限定]

コンピューターの世界で、複数のマシンが計算処理を分担する「分散型」の試みが勢いづいている。世界中のパソコンユーザーらの協力で新型コロナウイルスのたんぱく質の構造解析を進めている分散コンピューティングプロジェクト「Folding@home(フォールディング・アット・ホーム=FAH)」は、最先端のスーパーコンピューターもまだ到達していない「エクサ級」の計算能力を達成。また、集中処理型の「クラウド」が普...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1685文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン