/

この記事は会員限定です

市場が想起する「狂騒の20年代」の再来

米州総局 野村優子

[有料会員限定]

13日の米国株式市場でダウ工業株30種平均終値は反落し、終値は前日比80ドル安の2万7896ドルだった。前日に約半年ぶりの高値を付けており、利益確定の売りが先行した。もっともアップルが過去最高値を更新するなど、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は小幅高となった。市場では、約100年前の米国で技術革新が経済成長をけん引した「狂騒の20年代」の再来を予測する声が出ている。

13日も引き続きテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1102文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン