NYダウ反落80ドル安 高値警戒の利益確定売りで

2020/8/14 5:12 (2020/8/14 5:40更新)
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。前日比80ドル12セント(0.3%)安の2万7896ドル72セントで終えた。12日にダウ平均は約半年ぶりの高値で終えており、高値警戒感からの利益確定売りが優勢だった。

新型コロナウイルスに関する追加の経済対策を巡り、トランプ政権と米議会の与野党の協議には目立った進展がなかった。経済の先行き不透明感が高まったことも、投資家心理の重荷となった。エネルギーや金融関連株に売りが出て、下げ幅は一時、200ドルに迫った。

機関投資家が運用の指標にするS&P500種株価指数は12日に続き、この日も取引時間中に2月19日に付けた過去最高値を上回る場面があった。上回った場面では機関投資家からと思われる利益確定売りが出て、上値が重くなった。

ダウ平均は上昇する場面もあった。朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数は8日までの1週間で96万3000件と前の週(119万1000件)から減り、市場予想(110万件)も下回った。「労働市場の持ち直しの勢いはまだ続いている」(オックスフォード・エコノミクス)と受け止められた。

12日夕に発表した業績見通しが慎重と受け止められたネットワーク機器のシスコシステムズが大幅に下落した。原油先物相場が下落し、エクソンモービルとシェブロンも売られた。ゴールドマン・サックスとJPモルガン・チェースも下げた。一方、音楽や動画配信など各種のサブスクリプション(定額課金)型サービスの販売検討が明らかとなったスマートフォンのアップルは上場来高値を更新した。7月の月次売上高が伸びた工業製品・事務用品のスリーエム(3M)も高い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸した。前日比30.27ポイント(0.3%)高の1万1042.50で終えた。電気自動車のテスラが続伸した。顧客管理ソフトのセールスフォース・ドットコムなどソフトウエア銘柄が上昇した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]