自民・甘利氏、景気底割れ回避狙う 固定資産税上げず
21年度税制改正

税・予算
2020/8/14 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2021年度の税制改正は固定資産税の負担増の抑制やエコカー減税の継続など、新型コロナウイルスによる事業者の痛手を和らげる措置が中心になりそうだ。自民党税制調査会の甘利明会長は経済の底割れ回避に全力を挙げる考えを強調する。

「店はガラガラなのに固定資産税だけ増える」「これでは新たな投資もできない」。不動産業界では、大規模な商業施設ほど来客減の傷が深い。広い分だけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]