家電卸売り、架空取引につまづく コロナで支援途絶
企業信用調査マンの目

2020/8/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気製品および厨房設備・器具などの卸売りを手がけていたAIKジャパンコーポレーション(東京・中央、以下AIKジャパン)が、8月5日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。架空取引が発覚した後、取引先などの信頼を回復できない中で新型コロナウイルス感染症の流行が直撃して、事業継続を断念した。

同社は2015年5月、築地場外市場内で寿司店などを運営していた虎杖東京(東京・中央)などの関係会社として設…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]