高級食パン店、コロナ下で地方出店 贈答用減に危機感

2020/8/14 15:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1本(2斤)1000円前後の高級食パン専門店をめぐる戦いが過熱している。人気店の「銀座に志かわ」は2021年3月までに愛知、岐阜、三重県で現在の2倍の20店に増やす計画だ。各社は新型コロナウイルス下で「自宅でおいしい食材を」というニーズを狙う一方、贈答向けは伸び悩んでおり市場は転機を迎えている。

「三重県はまだ広げる余地がある。四日市市で出店を検討したい」と話すのは、「晴れパン」を展開するTHS…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]