静岡LPガス大手、防災住宅に注力 生活サービス強化

2020/8/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県を中心にLPガス事業を手がける大手2社が災害に強い住宅に力を入れている。TOKAI(静岡市)は電力や水道が遮断されても生活を維持できる住宅を開発。鈴与商事(同)は停電時も電源を確保できる住宅の普及に力を入れる。

7月初め、静岡市内に防災・省エネ機能を備えたZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)のモデルハウスが登場した。鈴与グループの商社である鈴与商事が、注文住宅の納得住宅工房(静岡県富士市)と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]