/

この記事は会員限定です

排出量取引制度を拡充 EU 航空・海運対象に

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は排出量取引制度を拡充する。航空や海運に対象を広げ、9月からスイスの制度と連携する。EUは2050年に域内の温暖化ガス排出を実質ゼロにする目標を掲げており、企業などが排出減に取り組む環境を整える。

7月のEU首脳会議で航空や海運を含めることを視野に欧州委が検討を進めることで一致した。域内の航空便はすでに対象だが、域外と域内を結ぶ便も含める方針。日本などEU...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン