アプリで観客の感染備え 新興がJリーグで実証実験

2020/8/13 18:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療向けシステムスタートアップのアルム(東京・渋谷)はプロスポーツや大型イベントで新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ取り組みに乗り出す。スマートフォンのアプリで観客の健康状態を事前に管理し、異変が判明した場合は医療機関への受診を促す。9月にはJリーグの試合で実証実験を実施。抗体検査の簡易キットも組み合わせて効果を検証する。

アルムは一般向けに提供している自社の健康管理アプリの機能を強化。イスラエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]