/

シンガポールとビジネス往来、9月から 外相会談で合意

(更新)
13日、シンガポールでバラクリシュナン外相(右)との会談に臨む茂木外相=外務省提供・共同

シンガポール訪問中の茂木敏充外相は13日、同国のバラクリシュナン外相と会談した。9月にビジネス目的に限定して往来の再開を目指すと合意した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、いまは外国人の入国は原則拒否しているが、行動範囲を限定して活動できるようにする。

現在は日本人の帰国時でも宿泊施設などで2週間の待機を求めている。往来を再開した後はPCR検査による陰性証明や行動計画の提出を条件に、日本人も外国人も待機を免除する。茂木氏は記者団に9月上旬からの再開を目指す意向を示した。

新型コロナの感染拡大後に他国・地域とこうした往来の再開で合意したのは初めて。政府はシンガポールを含め中国、韓国など16カ国・地域と交渉を進めてきた。

企業の駐在員ら長期滞在者には別の枠組みを設ける。入国時の検査と2週間の待機を前提に9月中に往来の再開を目指す。長期滞在者の往来に関してはタイ、ベトナム両国と再開している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン