/

桐谷さんが注目 個性あふれる「変わりダネ優待」

アトラ(6029)の優待で届いたマッサージジェル「ほねつぎHOT」を持つ桐谷さん

どうも、桐谷です。今回のテーマは「個性派優待」。私がユニークだと思う優待を、思い付いた順に紹介していきます。

宝くじから仮想通貨までユニーク優待続々

まずはフジ・メディア・ホールディングス(4676)。公式には優待内容として発表されていない「隠れ優待」ですが、東京・お台場にあるフジテレビの展望室「はちたま」に8人まで、期間内なら何回でも入れるパスポートが届きます。お台場の大観覧車と同じ高さにある展望室では飛行機が飛んでいく景色を見ることができる、私のお気に入り優待です。

アルファクス・フード・システム(3814)は系列ホテルに4人まで素泊まりできる宿泊券。4人まで、は珍しいんですね。昨年、妹たちと行ったら評判で、妹が「兄ちゃん、今年も行こう」と言っています。

次がモーニングスター(4765)。投資金額が約4万円で「株式新聞ウェブ版」を6カ月も読めます。これだけで2万4000円(税別)相当ですが、さらに仮想通貨ももらえて面白い優待です。

トピー工業(7231)は6カ月間分の交通傷害保険。年2回の優待だから、株主になればずっと保険に加入できます。自転車乗りの私には必要な優待ですね。

マサル(1795)は200株保有で年に1回、ジャンボ宝くじをもらえます。600株以上は年に2回。宝くじで運試しをしながら株価の上昇を待ちましょう。ちなみに2013年に上場廃止になったエース交易が、宝くじ10枚を優待で提供していました。当時、株主だった私にも10枚届き、そのうち1枚が3000円の当たりだったことがあります。

注:データは8月7日時点。同内容の優待が年2回ある場合は1回分を掲載。記載以外の優待がある場合は「~」と表記。利回りは優待を取れる最低単元の場合で計算。配当の「─」は無配、N/Aは日経予想なし

株主総会で旅行券の公開抽選も

クロスプラス(3320)の優待はECサイトで使える3000円クーポン券などですが、株主総会の公開抽選で合計12人に30万円相当の旅行券が当たります。抽選優待は幾つかありますが、公開というのはめったにない。でもなかなか当たらないので総会では皆さん、ため息を漏らしています。

次がディー・エヌ・エー(2432)。プロ野球を観戦できる優待です。プロスポーツ観戦の優待は他にもありますが、大体が抽選。東京ドーム(9681)の優待も野球を観戦できますが、2000株3年以上保有という条件。ディー・エヌ・エーは100株保有で必ず観戦できるので、これも珍しいと思います。

ホンダ(7267)は年3回の優待。3月は鈴鹿サーキットかツインリンクもてぎというテーマパークの5人まで入れる優待券です。鈴鹿サーキットは大人の入場料2000円で、それが5人まで無料。6月と12月は抽選でレースなどのイベント招待です。

アマガサ(3070)は赤字会社で無配なのですが、3月に自社ECサイトで好きな靴1足を選べる優待を新設しました。6月にはさらに、初回(7月)のみリジナルトートバッグまで付けると発表。通常は1月権利の優待ですが、新設した今年は7月末時点の株主に送付するとのこと。ただ、来年1月権利分を前倒しで7月に実施するということなら、この記事で紹介しても、次の権利獲得まで1年以上も待たなくてはなりません。そこで電話して確認したら、来年1月も実施しますとの回答でした。

アトラ(6029)は18年に優待新設。4000円相当のヘルスケアグッズか健康食品という内容でしたが届いたのはマッサージジェル「ほねつぎHOT」一つだけ。私は健康食品などいろんなものの詰め合わせと思って楽しみにしていたのですが……。次の年も同じジェルが届きました。いろんな意味で個性が強い優待です。

はみだしコラム「私の持ち味」


私の持ち味は記憶力の良さです。棋士の頃は「コンピューター桐谷」と呼ばれていました。今でこそパソコンで検索すれば「この局面は何年の何の試合で誰が指していた」とすぐに分かりますが、昔はそんなものはありません。でも私は大体覚えていて、局後の感想戦で「こういう局面が前にあったかな」という話になると私が「それはいついつの誰と誰の対局」とよく答えていたので「コンピューター桐谷」とあだ名が付きました。そのあだ名が表紙に入った本(写真)も出し、それが持ち味でした。投資でもかなりの銘柄数の株価を記憶していました。だから株価が下がって割安になったら「買い」と判断できました。記憶力を将棋にも投資にも生かすことができましたね。
桐谷広人(きりたに・ひろと)
70歳。元プロ棋士(七段)。1984年の失恋をきっかけに株式投資を始める。現在900以上の優待銘柄を保有し、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒やされる人柄も人気の理由

(佐藤由紀子)

[日経マネー2020年10月号の記事を再構成]

日経マネー 2020年10月号 アフターコロナの配当生活入門

著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2020/8/21)
価格 : 750円(税込み)

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン