AIで高齢者の離床予測 静岡のインフィック

2020/8/13 19:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

介護総合支援事業のインフィック(静岡市)は人工知能(AI)で高齢者の離床を予測するサービスを始めた。介護施設や自宅に住む高齢者の転倒を未然に防ぎ、介護職の駆けつけなど負担も減らせるのが特徴だ。こうしたシステムの開発は全国で初めてという。

高齢者の室内に設ける複数のセンサーの情報をAIが分析し、介護職や家族の携帯端末に通知する。ベッド内のセンサーは脈拍や寝返りなど体の姿勢を把握する。室温、湿度、電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]