ペルセウス座流星群、観測ピーク

2020/8/13 9:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

夏の夜空を華やかに彩る「ペルセウス座流星群」が12日夜から13日未明にかけ、出現のピークを迎え、流星が観測された。

大阪府と和歌山県の県境に位置する和泉葛城山の山頂付近から上空を見ると雲で覆われ、12日午後9時ごろから13日午前1時までの間に数個の流星…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]