/

この記事は会員限定です

投信に個人マネー 7月資金流入1年9カ月ぶり高水準

[有料会員限定]

投資信託市場に個人マネーが戻っている。7月の純資金流入額は5000億円を突破し、約1年9カ月ぶりの大きさとなった。6月は流出超過だったが、7月は新型コロナウイルスの感染拡大で注目されるデジタルトランスフォーメーション(DX)やESG(環境・社会・統治)に焦点をあてた大型投信が相次いで設定され、相場回復で投資余力の増した個人マネーを引き寄せた。

日興リサーチセンターの推計によると、7月の公募投信(上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン