/

この記事は会員限定です

「バイデン優位」本物か 薄れゆく若者の熱狂

分断のアメリカ 選ぶのは我ら(2)

[有料会員限定]

 米大統領選を決する「キー・ボーター」(カギを握る有権者)の1つである若者。民主党のバイデン前副大統領の陣営は集票力に期待するが、新型コロナウイルスがその計算を狂わせる。

8月上旬、南部ノースカロライナ州シャーロット。「また留守番電話か……」。民主党系団体「ネクストジェン・アメリカ」のアンジェラ・チャルイッサントさん(22)は肩を落とした。若者に有権者登録を勧める電話を1日100件近くかけるが、大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1948文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン