/

この記事は会員限定です

トラック運賃、下落の陰で格差拡大 下請けは大幅安

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う輸送需要の落ち込みで、貨物輸送用のトラックのスポット(随時契約)運賃相場が下落している。運送業界の中で特に影響を受けているのが、下請け型の小規模運送会社だ。一部の発注側が仲介手数料をいつもより高く設定するあおりで、運賃の下落スパイラルから抜け出せない。運送業界を支える足腰が急速に弱まっている。

輸送の低迷、運賃構造にも影響

荷主企業がトラック1台を丸ごと貸し切るチャーター輸送の場合、指標となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1757文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン