/

この記事は会員限定です

米国の制度に学ぶ老後設計の知恵(岩崎日出俊)

人生100年こわくない・投資力を磨こう

[有料会員限定]

本欄の読者には、米国で働いた経験のある人もいるかもしれない。細かい例外はあるが、そういった人は一般的に、66歳になると米国の年金を受給できる。勤務先が米国企業である必要はなく、日本企業の米国支社や支店、駐在員事務所であっても構わない。日本に住んでいながら日本の年金だけでなく米国の年金も受給できるのだから、米国勤務経験者にとってはうれしい制度だ。

これは2005年に締結された日米社会保障協定によると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2596文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン