森山国対委員長、与野党に根を張る調整力
長期政権支える実務派(中)

2020/8/13 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国会はいま週1回、いろいろな委員会で閉会中審査を実施している。コロナ禍でも国会が最低限、動く仕組みをつくる中心的役割は、自民党の森山裕国会対策委員長が果たした。

国対は「55年体制下」では議運・国対族といわれ、手練れのプロが担ってきた。野党との折衝で落としどころを探り、時には首相さえ恫喝(どうかつ)して国会を動かす力をもった。

米国や英国でも議会対策担当は政権の重要ポストにあたる。法案成立の可否…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]