/

中国・京東、25年までに家電販売店320店を出店

【大連=渡辺伸】中国ネット通販2位の京東集団(JDドットコム)は家電販売事業を強化する。12日、グループ全体で2025年までに直営の家電販売店を中国で約320店出すと発表した。ネット通販の競争が激しくなる中、実店舗との連携を通じて業容拡大を目指す。

京東集団は家電販売事業を強化している(遼寧省大連市)

出店数の内訳は京東が自社で大型の家電販売店を約20店、100%子会社の家電販売店大手、五星電器が約300店。京東は19年11月に重慶市に出店したが、他の大都市にも順次広げる。店舗で消費者に家電製品を触ってもらい、京東のサイトで買ってもらうなどの効果を見込む。

また五星電器はまず20年7~12月期には蘇州市や南京市などに8店舗を出す予定だ。中国メディアによると、五星電器は現在、直営店を約300店運営しており、目標通りに出店すれば店舗数が現在の倍に増える見通しだ。

京東は近年、家電量販店の展開に力を入れている。五星電器の買収に加え、6月には同業大手の国美零售に1億ドル(約110億円)を出資した。このほか、小規模な都市や農村部を中心に、フランチャイズチェーン(FC)方式で小型の家電販売店を約1万5千店運営している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン