/

空の安全誓い黙とう ろうそく供養、遺族にライブ配信

犠牲者の冥福を祈り、ろうそくをともす群馬県上野村役場の職員ら(12日)

1985年の日航ジャンボ機墜落事故から35年を迎えた12日、群馬県上野村の墜落現場の麓にある追悼施設「慰霊の園」で午後6時から、追悼慰霊式が開かれた。新型コロナウイルスの影響を考慮し、上野村や日本航空の関係者ら20人弱のみが参列し、墜落時刻の同56分に黙とうをささげた。

冒頭、黒沢八郎村長は「遺族の皆様は悲しみを胸に前を向いて歩かれてきた。航空の安全と命の尊さを発信するという使命を改めて胸におさめ、今後も慰霊式典を続けていく」と強調。国土交通省の大臣として10年ぶりに参列した赤羽一嘉国交相は「安全運航の最後の要は人によるもの。安全神話に陥ることがあってはならない」と話した。

追悼慰霊式で墜落時刻に黙とうする赤羽国交相(右から2人目)と群馬県上野村の関係者ら(12日)

続いてろうそく供養が行われ、遺族の代わりに上野村の職員らが犠牲者の数と同じ520本に灯をともした。供養は遺族向けにユーチューブでライブ中継された。

追悼式の後、日航の赤坂祐二社長は記者団に「事故の教訓はどんな事例よりたくさんのことを学ぶことができる。頭だけでなく、御巣鷹山に登って心で感じることを繰り返しやっていきたい」と述べた。

日航によると、事故現場の「御巣鷹の尾根」には、午後4時現在で50家族141人が訪れた。昨年よりも135人少なかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン