/

この記事は会員限定です

内需回復には2年 自動車、軽量化が支えに

コロナ異変を聞く 合成樹脂――プライムポリマー社長 藤本健介氏

[有料会員限定]

――コロナ禍で合成樹脂の需要は落ち込んだ。

「ポリプロピレンの4~6月の内需は前年同期に比べ15~20%ほど減った。全体の約4割を占める自動車関連が40~50%減った影響が大きい。2019年10月の消費増税後に内需は前年実績を割り込んでいた。20年1~2月に持ち直す動きもあったが、コロナ禍が広がり下押しされた」

「食品や商品を入れる包装資材や雑貨など自動車以外は5~10%減だった。飲食店の営業や外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン