米で上場相次ぐSPAC 買収目的の「空箱」、2兆円調達
審査経ず、バブルの懸念も

藤田 和明
編集委員
2020/8/12 21:00 (2020/8/13 5:09更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「空っぽの箱」に詰まった夢――。別の会社を買収することだけを約束した会社が、米国で相次ぎ上場している。投資家はいずれ有望な未公開企業を買収する夢を見て、巨額の資金を投じる。コロナ禍で起きたブームは、米国の資本市場のダイナミズムか、カネ余りのあだ花なのか。

箱だけの会社は「特別買収目的会社(SPAC)」と呼ばれる。上場時には事業の実体を持たず、有望な会社を将来みつけて買収することだけが目的だ。投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]