エフピコ、「巣ごもり消費」に乗る 再生容器で稼ぐ力

2020/8/12 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品トレー最大手のエフピコの業績が好調だ。2021年3月期の連結純利益は前期比5%増の112億円と、過去最高を見込む。新型コロナウイルス感染拡大による「巣ごもり消費」の拡大で、中食やテークアウトに対応した容器の販売増が好業績を支える。原料の再利用を通じた売上高原価率の改善も奏功し、稼ぐ力は着実に強まっている。

「生鮮食品向けの容器需要が急激に伸びてきた」。20年3月期の連結決算の発表で、佐藤守正…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]