「暮らしのホンダ」へアクセル 技術開放し共創に活路

2020/8/13 2:00 (2020/8/13 5:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダが2030年のありたい姿として掲げた「暮らしの会社」の実現に動き出した。車開発で蓄積された知的財産やデータなどを外部に開放して異分野への活用を進める。暮らしの進化を先導するため、従来の強みのものづくりだけでなく、コトづくりを含むサービス力を育てる。新型コロナウイルスで四輪・二輪事業が苦境に立つなか、共創で新たな成長の地平を切り開く。

オフィス家具大手の内田洋行が7月末に披露した椅子の新製品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]