コロナ禍の大規模展示会、大阪で 対面商談の価値示す

2020/8/13 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪市の国際展示場「インテックス大阪」で7月29~31日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言の解除後では全国初となる大規模展示会が開かれた。感染防止対策を施した「ウィズコロナ」時代の展示会のあり方を巡って関心を集めた。対面商談の価値が見直される機会となった。

展示会は「関西ホテル・レストラン・ショー」や「メンテナンス・レジリエンスOSAKA」など7つで構成。約460社830ブ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]