躍る「影の銀行」、監視骨抜き 前FRB議長も苦言
金融政策・市場エディター 大塚節雄

Deep Insight
2020/8/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済の動揺が続く米国。7月21日には金融危機の再発防止を狙って規制を強めたドッド・フランク法(米金融規制改革法)の成立から10年の節目を迎えた。

「厳しい資本規制で銀行の資本に厚みが増し、コロナ禍でも金融システムは耐性をみせた」。金融当局者からはこんな自画自賛の声を聞く。一方で公然と異を唱える大物がいる。米連邦準備理事会(FRB)前議長のイエレン氏だ。

6月末の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]