/

東京都千代田区長、解散騒動を陳謝 区政の混乱収束へ

東京都千代田区の石川雅己区長は12日の区議会本会議で、解散を巡る区議会との対立について「区民と議会の皆様に多大なご心痛をおかけし深くおわび申し上げる」と陳謝した。11日には解散を取り消す通知を出した。約2週間に及ぶ区政の混乱はいったん収束する見通しとなったが、石川氏への刑事告発をめぐる対立はくすぶる。

本会議で陳謝した千代田区の石川雅己区長(12日)

石川氏は議場で「(自身が出した解散通知が)違法という司法の判断を重く受け止める」と述べた。東京地裁は7日に解散通知の執行停止を決定している。今後は区政運営に「真摯に対応していく」とし、石川氏が拒んで中断していた補正予算案の審議に応じる意向を示した。

小林孝也議長は本会議後、「(区政が)正常化していくところに入ったと評価している」と述べた。区議会は区民への一律12万円給付事業などを盛り込んだ補正予算案の審議を月内に再開する。

ただ、石川氏と区議会の対立関係自体は今後も続きそうだ。区議会は強い権限を持つ百条委員会を立ち上げて石川氏のマンション購入問題を調査しており、調査の中で虚偽を述べたなどとして同氏を刑事告発する方針は変えていない。購入問題の調査は続いているほか、今後は別の疑惑も取り上げる予定で、対立が再び先鋭化する可能性はある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン