/

ファイバーゲート、連結純利益31%増 20年6月期

住宅や公共施設でのWi-Fi(ワイファイ)整備を手掛けるファイバーゲートが12日発表した2020年6月期連結決算は、純利益が前の期比31%増の7億2200万円だった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響による在宅勤務の広がりで、家庭向けWi-Fiの契約戸数が伸び、売上高は36%増の74億円だった。

新型コロナによる商業施設のイベント自粛などの影響で、ビジネス向けのサービスは低調だった。21年6月期は家庭向けWi-Fiの契約戸数の増加が続き、純利益は30%増の9億4000万円、売上高は22%増の90億円を見込む。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン