/

ビズリーチ、組織の課題を可視化 分析システム提供

転職サイトなど人材関連サービスを運営するビズリーチ(東京・渋谷)は12日、企業向けに組織の課題を可視化する調査分析システムの提供を始めた。利用者に専門知識がなくても簡単に調査・分析できる。

同社が設定した74の質問を従業員に答えさせるだけで、組織への愛着心や思い入れの度合いをはじきだす。愛着心を押し下げている要因を分析し、解決の優先度が高い内容を強調して表示する機能も備える。同社の人材データベース・評価管理のシステムと組み合わせて提供し、料金は月額8万5千円(税抜)から。従業員300~1000人規模の中堅企業を中心に売り込む。

改善策の立案・実行につなげてもらうため、新システムは簡便さにこだわった。自由回答も内容をシステムが読み込んで自動で分析し、雨・曇り・晴れの天気マークをつけて、注意すべきコメントを目立たせるようにした。ひとつひとつ読み込んで確認する手間を省く。調査システムと人材データベースがひもづいているため、例えば、「入社3年目までの若手社員」などに絞って、細かく分析もできる。

テレワークの広がりなど働き方が変わるなか、組織の状態把握や改善策の検討に関心が高まっており、従業員向け調査のシステムは増えている。同社は人材データベースや評価管理システムと組み合わせた使い方を提案し、他社との違いを打ち出す考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン