「石油を超える」英BP、20年越し大転換
原油ガス生産4割減、再生エネ収益化には課題

2020/8/13 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=篠崎健太】英BPが「脱石油依存」へ本格的に動き出した。2030年までに化石燃料の生産量を4割落とし、低炭素エネルギー事業への投資を10倍に増やすと宣言した。総合エネルギー企業を志向した社名変更から、20年越しで大転換に歩み出す。もっとも再生エネでも厳しい競争環境が予想され、新エネで「メジャー」になるのは容易ではない。

2月に「50年までに温暖化ガス排出量を実質ゼロ」の目標を掲げたBP…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]