/

この記事は会員限定です

九州・沖縄の上場49社、経常益5割減 4~6月期

[有料会員限定]

九州・沖縄企業の業績が低迷している。12日までに2020年4~6月期の決算発表をした上場主要49社の経常損益の合計は、前年同期比54%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な需要減や、国内の緊急事態宣言に伴う外出自粛の影響により、幅広い業種で業績が悪化した。一方で、巣ごもり需要を追い風に業績を伸ばした企業もあった。

九州・沖縄に本社を置く3月期決算の上場企業(金融機関を除く)が対象。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1501文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン