/

東京都足立区、AIによる犯罪予測アプリで実験

東京都足立区は17日、地域のパトロールに人工知能(AI)による犯罪予測アプリを活用する実証実験を始める。パトロール車の乗務員の携帯電話にアプリをインストールして使用する。過去に区内で犯罪が発生した場所や日付を分析し、効果的なパトロールのコースを選定する。

同アプリは国立研究開発法人、情報通信研究機構が開発、実証実験を進めており、足立区も参加する。区では業者委託で昼間は車2台、夜間は4台体制で毎日パトロールをしている。通りたい地点と距離を設定すると、コースが表示される。11月30日まで実施する。

区内の刑法犯認知件数は減少傾向が続き、2019年は4764件と戦後最少となった。区の担当者は「アプリを使って効率的に犯罪発生を防ぐことで地域の安全につなげたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン